エビの仲間

ロブスターの生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

更新日:

ロブスターボイル
  • ロブスターの特徴や生態
  • ロブスターの旬の時期
  • ロブスターの価格と相場

美味しくて豪華なロブスター。
日本ではロブスターに対して高級なイメージがあり、ランクの高いレストランや結婚式で食べられる食材というイメージではないでしょうか。

アメリカやハワイ、グアムなどの海外旅行の食事プランでも人気の食材ですね。

ここでは肉厚でぷりぷりの食感を楽しめるロブスターについて、生態や旬の時期などをお伝えしていきます。

ロブスターの生態と特徴

生きているロブスター

ロブスターはエビ目ザリガニ下目アカザエビ科ロブスター属に分類される甲殻類です。

ザリガニとしてもエビ類としても最大級の大きさで、体長120センチに達するロブスターが漁獲されることもあるそうです。

体の色は生息環境によって異なり、よく知られている赤褐色以外にも灰色やクリーム色のロブスターもいます。

非常に気性の荒い性格で、水揚げされるとすぐに大きな鋏脚で威嚇してきます。

そのため漁獲後はすぐに鋏をゴムバンドで固定し、その状態で流通することになります。

ロブスターには二種類あり、大西洋アメリカ大陸沿岸で捕獲できるアメリカンロブスター、そしてユーラシア大陸沿岸で捕獲できるヨーロピアンオマールがあります。

オマール海老という名前に聞き覚えがあるかとおもいますが、実はロブスターとオマール海老は同じ種類の生物なのです。

違いはというと、ロブスターは英語の呼び方で漁獲地はアメリカやカナダ、オマールはフランス語の呼び方で漁獲地はヨーロッパ。
ただそれだけのことなんです。

味わいはオマールのほうが甘みと旨みが強いのですが、漁獲量はロブスターの10分の1程度となります。

さらに産卵前のメスのロブスターは料理人から大人気で、卵の入ったロブスターの卵巣は特に良い味を出すようです。

ロブスターの食感は弾力があり食べ応えが抜群。日本には戦後から輸入されるようになりました。

 

 

ロブスターの生息場所

ロブスターは世界中に生息していますが、主に生息しているのは北アメリカ、ヨーロッパとなり、市場によく出回っているのはこちらのロブスターになります。

アフリカ近辺にも類似種のケープロブスターというものがいますが、こちらはあまり市場に出回らないうえ味も劣ります。

ケープロブスターは以前はロブスター属に分類されていましたが、現在はホマリヌス属と設定されているようです。

ロブスター旬の時期・季節はいつ

ロブスターの旬は年に二回あり、春は4月後半から6月にかけて、冬は12月から1月となっています。

ロブスターの脱皮の時期がこの頃で、身がぎっしり詰まった殻の硬いロブスターが食べられる絶好の時期となっています。

特に春の旬はその年の良し悪しを決める重要な時期だそうです。

カナダ、アメリカでの漁の時期も決まっており、上記の旬の時期限定となっています。

そんな旬のロブスターを選ぶときには、身が重いもの、鋏や脚が揃っているもの、色の濃いもの、鋏がぐったりしていないものを選ぶといいそうです。

ヨーロッパで漁獲されるオマールの旬は6月とのことで、生息地によって旬の時期もそれぞれ違っているとのことです。

ロブスターの販売価格・値段の相場は?

ロブスターのレシピ

ロブスターは海外の食材というイメージがありますが、今や日本でも新鮮な活きたままのロブスターを買うことが可能です。

デパートや高級スーパーなどの鮮魚店、インターネットの通販などで購入できます。

ロブスターの相場は100グラムあたりでおよそ500円ほど。

一人前のロブスターは大概Lサイズと呼ばれており約450グラム、特大サイズとなると約600グラムになります。

冷凍のロブスターとなるともう少しお手頃なお値段になるようです。

伊勢海老の相場と比べると、伊勢海老は100グラムあたり700円なので、大きいサイズになればなるほどロブスターの方がお得ということになります。

調理方法も簡単なので、お誕生日や結婚祝いなど特別な日にロブスター料理でお祝いをしてみてはいかがでしょうか?

ロブスターのまとめ

  • ロブスターとオマールは漁獲地と呼び方が違うだけで同じ仲間。オマールのほうが甘みと旨みが強い。
  • 卵の入った卵巣がより旨みがあり、産卵前のメスのロブスターは料理人から特に人気がある。
  • 伊勢海老と比べると安く購入でき、身は弾力があり食べ応え抜群。
  • ロブスターの旬は春と冬の年二回、オマールの旬は6月となっている。

■エビの人気の関連記事

伊勢海老(イセエビ)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

甘えび(アマエビ)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

オマール海老(オマールエビ)の生態と特徴 | 旬の時期・値段・価格相場をご紹介!

ブラックタイガー(エビ)の生態と特徴 | 旬の時期や値段・価格相場を紹介!

ウチワエビの特徴と生態 | 旬の時期・値段・価格の相場についてご紹介

→ ウチワエビ購入のおすすめ通販サイト・ふるさと納税

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-エビの仲間

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.