エビの仲間

アルゼンチンアカエビ(赤えび)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

更新日:

アカエビの写真

引用元:photoac

  • アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の特徴や生態
  • アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の旬の時期
  • アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の価格と相場

今回の記事ではアルゼンチンアカエビ(赤エビ)の特徴や生態などを始め、アルゼンチンアカエビ(赤エビ)が一番美味しく食べられる旬の時期、そして大体の価格や相場などについて紹介する記事になります。

この記事を読めば、アルゼンチンアカエビ(赤エビ)のことについて詳しく知ることが出来ると同時に、今まで以上に美味しくアルゼンチンアカエビ(赤エビ)を食べられるようになると思います。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の生態と特徴

アカエビの写真

引用元:海の生き物大図鑑

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)は、十脚目クルマエビ科に分類されているアカエビ属の一種であり、温暖な気候を好んで主に内湾に棲息している海水性の生き物です。

さらに詳しく生態学的に説明すると、節足動物門甲殻上網軟甲網(エビ網)真軟網亜網(エビ亜網)エビ上目十脚目根鰓亜目クルマエビ科アカエビ属となります。

西日本から東南アジアにまで棲息しているアルゼンチンアカエビ(赤エビ)ですが、日本においては主に相模湾以南や有明海八代海に棲息しています。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)は大人になると最大で12cm近くにまで成長しますが、食用として流通しているアルゼンチンアカエビ(赤エビ)は5cm~10cm程度の大きさのものが一般的とされています。

同じアルゼンチンアカエビ(赤エビ)でも、小エビと呼ばれるものとアカエビと呼ばれるものに分類されています。

小エビは鮮魚としてではなく加工食品として利用されます。一方アカエビの場合は、様々な加工食品としても利用されると同時に鮮魚としても利用されています。

同じアルゼンチンアカエビ(赤エビ)でもオスよりもメスのほうが大きいという変わった特徴があります。

そんなアルゼンチンアカエビ(赤エビ)の体には、全体的に赤褐色の斑文があるのが特徴的です。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の名称で呼ばれるように、体全体が赤いので分かりやすいです。

また、アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の名前の由来は干しエビに加工した時に赤くなるためだとも言われています。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)は6月~9月の比較的暖かい気候を選んで産卵の時期を迎えます。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の生息場所

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の主な生息場所は、西日本から東南アジアなどの温暖な内湾です。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)は内湾の砂泥底などを好んで生息しているのが特徴です。

日本においてアルゼンチンアカエビ(赤エビ)は、三河湾や伊勢湾、瀬戸内海、有明海、八代海などに多く生息しています。

しかし、日本におけるアルゼンチンアカエビ(赤エビ)の生息数自体は、他の国と比較すると少ないというのが特徴的です。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の旬の時期・季節はいつ

基本的にアルゼンチンアカエビ(赤エビ)自体は一年を通して流通しているのでいつでも美味しく食べられます。

しかし一番美味しく食べられる旬の時期は、冬から春にかけての寒い時期が一番アルゼンチンアカエビ(赤エビ)を美味しく食べられる時期です。

冬の寒い時期は海水がとても冷たく、アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の鮮度も生きた状態のぷりっとした良質なものが多くて美味しいです。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)は冷凍されて流通されているものもあれば天然のものもあります。

冷凍されていない天然のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)は、そのほとんどが日本において獲れたものです。

まさに一番旬なアルゼンチンアカエビ(赤エビ)であり、美味しく食べられる鮮度の良いアルゼンチンアカエビ(赤エビ)と言えます。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の販売価格・値段の相場は?

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)の相場は国産かそうでないかで値段が変わってきます。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)は日本ではなかなか獲れることが少ないので、国産のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)は輸入品と比較すると値段が高くなります。

国産のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)の場合、1尾あたり40g~60gのアルゼンチンアカエビ(赤エビ)が5尾で約2200円程度します。

もちろん同じ国産のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)でも、店舗やその日の収穫量などによって値段が変動することがありますので注意してください。

一方で輸入品のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)は比較的値段が安く、100gあたり140円程度です。

1尾あたり80円程度で購入することが出来ます。

そういった面から考えると、国産のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)はとても貴重で高価であることが分かります。

アルゼンチンアカエビ(赤エビ)のまとめ

  • アルゼンチンアカエビ(赤エビ)は調理法などによって賢く選ぶ
  • 国産のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)はなかなか獲れないため高価である
  • 輸入品のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)でも美味しく食べられる

国産のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)は、なかなか獲ることが出来ないため非常に高価です。

どうせなら新鮮でぷりっとした歯ごたえの美味しいアルゼンチンアカエビ(赤エビ)を食べたくなります。

しかし、同じアルゼンチンアカエビ(赤エビ)でもちょっとした料理のメニューを工夫したり、味付けすることで輸入品のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)でも美味しく食べられます。

また、輸入品のアルゼンチンアカエビ(赤エビ)は値段が安いため、大量に買えるのがうれしいですね。

お祝い事などの場では国産の高級なアルゼンチンアカエビ(赤エビ)を賞味したり、
普段の食卓の場では安いアルゼンチンアカエビ(赤エビ)を使用して料理を工夫するなどと試行錯誤してみてはいかがでしょうか。

■エビの人気の関連記事

伊勢海老(イセエビ)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

甘えび(アマエビ)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

オマール海老(オマールエビ)の生態と特徴 | 旬の時期・値段・価格相場をご紹介!

ブラックタイガー(エビ)の生態と特徴 | 旬の時期や値段・価格相場を紹介!

ウチワエビの特徴と生態 | 旬の時期・値段・価格の相場についてご紹介

→ ウチワエビ購入のおすすめ通販サイト・ふるさと納税

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-エビの仲間

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.