カサゴ・ハタの仲間

ホウボウの生態と特徴・産地 | 旬の時期・販売価格や値段相場をご紹介!

投稿日:

  • ホウボウの生態と特徴
  • ホウボウの生息場所
  • ホウボウの旬の時期
  • ホウボウの価格と相場

スーパーではあまり見かけない魚ですが、釣り好きの人には見覚えのある魚かもしれません。

赤い体にとげのある背ビレ、大きな青緑色の胸ビレは、一見すると毒々しくも見えますが、とぼけたような愛嬌のある顔立ちに足のような胸ビレで海底を歩くなど、面白い魅力がたくさん詰まった海水魚です。

ホウボウの生態と特徴

和名:ホウボウ(魴鯡・竹麦魚)
別名:キミヨ・キミウオ・ドコ・コト・オコノウオなど
分類:カサゴ目/ホウボウ科/ホウボウ属
学名:chelidonichthys spinosus

日本に住むホウボウ科の魚の中では最大で40~50㎝ほどになるが、成長が遅く、25㎝ほどになるのに4年もかかると言われています。

全体が赤く灰色のまだら模様のついた背中、真っ白な腹、大きな半円状の羽のような胸ビレは青と緑の孔雀色で斑点がついています。

稚魚は黒色をしているが、成長するにつれて赤っていきます。

頭は大きく体は円錐形をしており、尾にいくにつれて細くなっている。

とがった鼻先の下に大きく開く口があり、頭部は骨板に覆われ固く、棘のような突起のある背ビレと胸ビレを持ち、目の上とエラ蓋にも棘のようなものがあります。

また、ホウボウの胸ビレの前は左右3本ずつ足のように分かれていて、獲物を探すときはそれを器用に使い海底を歩くように進みます。

さらに、胸の棘の先には感覚器官も備わっており、砂底を歩き回りながら獲物となるエビやカニ、小魚などを探し捕食します。

ホウボウの産卵期は3~5月頃と言われています。

ホウボウの名前の由来

ホウボウの名前の由来についてご紹介をしていきます。
ホウボウの名前の由来は複数あります。
代表的なものをご紹介していきます。
ホウボウの特徴でご紹介した、餌を探す時に『方々歩き回っているように見える』ことからホウボウの名がつけられたともいわれています。

もう1つの名前の由来が、水から出したときに浮袋(鳴き袋)を震わせて『グゥグゥ』という音を出すため、その音の聞こえ方からホウボウと名付けられたという説もあります。

ホウボウの生息場所


今度はホウボウの生息場所についてご紹介をしていきます。
ホウボウは世界の熱帯~温帯域の海に広く分布していて、色々な国で獲れる魚です。

日本では北海道南部以南、東シナ海から南シナ海にまで分布しています。

多くのホウボウは水深100~200mの砂泥底に多く生息しているが、15mほどの浅瀬から600mの深海に生息する個体もあります。

ホウボウの旬の時期・季節はいつ

ホウボウは通年通して食べられる魚ですが、特に冬(12~2月)が脂がのっておいしく食べる事ができます。
スーパーなどでも最近では魚に力を入れているところではこの時期に売っているところもあります。

また、産卵期が3~5月のため、この間は卵を持ったホウボウもおいしく食べることができる。

以前は知る人ぞ知るの高級魚でしたが、現在は比較的漁獲量も多いため価格もやや安く購入することができるようになってきました。

白身の魚ですが淡白すぎず、うまみと甘味が強く、刺身や寿司、焼き魚、煮付け、ぶつ切りにして唐揚げ、鍋、椀物などいろいろな調理方法で美味しく食べる事ができます。

また、洋風の料理とも相性が良く、ブイヤベース、トマト味の鍋などにしてもおいしいです。

皮はぬめりがありゼラチン質のため、煮凝りなどにしても美味しく食べる事ができます。

ホウボウの販売価格・値段の相場は?

ホウボウの一般的な販売価格・値段の相場はどれくらいなのでしょうか?
今回はスーパーなどでのホウボウの価格、通販で購入したときの価格・相場についてご紹介をしていきます。

今は庶民的な価格でスーパーなどにも出回る魚ですが、昔は高級魚として知られていました。

現在でも、活〆や大型のものだと価格が高い傾向があり、スーパーなどではあまり見ることはできません。

インターネットの販売価格では0.5㎏~で2,000円台、1㎏で2,000~4,000円ほどで販売されていて、5,000円を超えるものもあります。

スーパーに並でいるホウボウは小型のものが多く、数百円から出回っているため、使い道によって買う場所を選ぶのがおすすめです。

日本料理店や高級寿司屋では薄造りの刺身や寿司を食べることもできます。

ホウボウは干物として販売されているものもあり、こちらは1尾200~500円ほどで購入をする事ができます。

ホウボウのまとめ

  • 見た目はキレイではないが味はとっても美味しいホウボウ
  • 海底を歩くとっても珍しい魚
  • 高級魚だが、小ぶりのホウボウをスーパーで購入するなら比較的安価で購入ができる
  • 味もうまみも申し分ない白身魚

インパクトのある見た目、不思議な生態にもかかわらず、味は上品でうまみたっぷりのホウボウ。

刺身はもちろん、煮て良し、焼いて良し、冬には鍋にしても最高な万能魚です。

高級魚の一つですがスーパーでお安く手に入れることもできるので、見つけたらぜひ味わってみましょう。

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-カサゴ・ハタの仲間

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.