カサゴ・ハタの仲間

アイナメの生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

投稿日:

  • アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の特徴や生態
  • アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の旬の時期
  • アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の価格と相場

今回の記事はこのような事が分かる記事になります。

「アイナメ」を漢字で書くと「鮎魚女」または「鮎並」と書きます。

鮎のようになわばりをもち狭い岩陰を縄張りとすることから「鮎」の字を用いられたという説、鮎の業態のように滑らかな形をしていることから「鮎」の字を用いられたとされる説などがあります。

スズキやヒラメといった魚と同様に白身の魚として知られている魚です。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の生態と特徴

出典:shachoublog.net

「アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)」は顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目、スズキ系、スズキ目、カジカ亜目。

アイナメ科、アイナメ属の魚です。

北海道地方では「アブラコ(油子)」、関西地方では「アブラメ」など地方によって異なる呼び名を持つ魚です。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の体長は大きいもので60㎝以上の個体も確認されていますが、通常は40㎝前後に成長をします。
体高はやや高く、鱗は細かい、ひれの棘が発達していない、背びれが一つに舟がっているなどの特徴があります。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の体色は生息域の環境によって異なり、「黄褐色」「赤褐色」「紫褐色」など様々です。
繁殖期のオスは黄色の婚姻色が現れます。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)は昼行性で岩礁の陰について生活をしています。
隠れている岩陰に近づいてきた小魚や甲殻類、多毛類などを捕食しています。
根魚といわれ方をしますが、岩陰に身を潜めて生活をしています。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の産卵期は秋から冬にかけてです。
婚姻色の現れたオスが、岩陰にメスを誘い込んで産卵をします。
オスは次々とメスを誘い込んで産卵をさせるので大きな卵の塊ができます。
オスはその後もその場所にとどまり、卵を外敵から守っています。
お父さん「アイナメ」は子供を守る役割を持っているんです。

ふ化したアイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の幼魚は岩礁の近くを泳いで生活をしていますが5㎝ほどに成長すると成魚同様に岩礁の陰で暮らすようになります。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の生息場所

「アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)」は比較的低温な水域を好む魚です。
その為、南西諸島を除く日本各地の沿岸に生息しています。

日本以外の地域では、朝鮮半島や黄海の沿岸などにも生息してます。
岩礁帯の岩かげに身をひそめるよう生息しています。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の旬の時期・季節はいつ

出典:JR東日本盛岡支社

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)は底引き網や刺し網などの漁法で捕獲をされるほか、堤防や岩場での釣りでも釣れる魚です。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の旬の時期は秋から春にかけてが「旬」といわれています。

産卵は冬の魚です。

その意味では産卵前が最もおいしい時期なので実際の「旬」は夏となるはずです。

冬が旬といわれるのは寒くなってからの方が岩場などで釣りやすくなるからで、漁獲高との関係で旬は寒い時期といわれているのです。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)が本当に美味しく脂がのっていている旬の時期は「夏」です。

産卵に備え体に栄養をしっかりと蓄えた時期が最もおいしいのは当たり前です。

このように猟期や漁獲量との関係で実際のおいしい時期と手に入りやすい時期が異なる魚はこのような事がよく起こります。

十分に栄養を蓄えた夏が旬としっかりと覚えておきたいものです。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の販売価格・値段の相場は?

アイナメのお寿司

ここまではアイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の生態や特徴について、旬の時期についてご紹介をしてきました。

そんなアイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)はとっても美味しいので、是非食べてみてもらいたい魚です。

今回はアイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の販売価格や値段の相場についてご紹介をしていきます。

「アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)」はスパーマーケットなどではあまり目にしない魚です。

アイナメは高級魚の部類に入り、元々そこそこの値段のする魚です。

しかも岩場の岩陰に身を潜めて生活をしているので大量に捕獲されることはあまりない魚です。

その為に市場の多くの数が流通しないため、高い値段が付く魚なのです。

味も上品な味といわれますので後押しをします。

アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)の値段は生きた状態で30㎝から40㎝の個体1尾は2,000円から5,000円の値段で取引をされます。

状態によっても大きく左右されますが、基本的に少々お高い魚との認識で間違いありません。

通常絞められた「アイナメ」でも1㎏あたり1,200円から2,000円が相場といわれています。

やはり値段の高い魚です。

  • 活魚の場合は30cm~40cmの1尾:2000円~5000円程度
  • 〆られたアイナメ1尾 1500円~2000円
  • 新鮮さや状態によって値段、販売価格が大きく左右される

7アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)のまとめ

  • アイナメは相場は活魚で2000円~5000円程度
  • アイナメはオスが卵を守る魚です。
  • アイナメの旬は秋から冬にかけてだが夏が一番油がのっていておいしい

「アイナメ/アブラメ/アブラコ(油子)」白身の魚で、上品な味わいのある魚とされています。

呼び方は複数あり、北海道地方では「アブラコ(油子)」、
関西地方では「アブラメ」など地方によって異なる呼び名を持つ魚です。

お刺身より、荷魚や焼き魚として味わわれることが多い魚です。

上品な味わいのためしっかりと血抜きをしないと臭みが残るといわれるため、本当に新鮮でないとお刺身にできないためのようです。

本来の味わいを感じるためにもぜひ新鮮な「アイナメ」を食してみたいものです。

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-カサゴ・ハタの仲間

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.