ヒラメ・カレイの仲間

シタヒラメ(舌平目)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

投稿日:

シタヒラメ(舌平目)の写真

出典:飲食店経営塾

  • ・シタヒラメ(舌平目)の概要。生態や特徴・種類
  • ・シタヒラメ(舌平目)の旬と生産地
  • ・シタヒラメ(舌平目)の価格と相場

今回はシタヒラメ(舌平目)について少し詳しく書いた記事になっています。

シタヒラメ(舌平目)とはご存知ですか?
スーパーでもあまり見かけた記憶のないシタヒラメ(舌平目)…
今日はそのシタヒラメ(舌平目)について少し詳しくしってみませんか!?
そして日々の献立につなげて頂けたらと思います!

シタヒラメ(舌平目)の生態と特徴

シタヒラメ(舌平目)の写真

出典:はりかい

シタヒラメ(舌平目)はヒラメと同じように体の左側に目がついていますが、ヒラメ科ではなくカレイ目ウシノシタ科というところに属する魚で、近海で採れます。

食用となるものはイヌシタ(アカシタ)、アカシタビラメ(アオシタ)、コウライアカシタビラメ(バケシタ)、クロウシノシタ(クロシタ)、ゲンコなどがあります。

フランス料理によく使われる舌平目ですが、ヨーロッパではドーバー海峡で採れるドーバソールと呼ばれるものが使われます。

日本ではアカシタヒラメやイヌノシタが使用されます。

市場ではイヌノシタ(アカシタ)とアカシタビラメ(アオシタ)はあまり区別せずにひっくるめてアカシタと扱うことが多いようです。

シタヒラメ(舌平目)やウシノシタ、イヌノシタなどの名称は、名前の通りその舌の形に似ているからで地方ではベロと呼ぶところもあるようです。

また英語ではソールと呼び、靴底を意味しています。これも名の通り、靴底ににているシタヒラメ(舌平目)のその形からつけられた呼び名であります。

日本でも、地域によってはゾウリやクツゾコと呼ぶところもあるようで・・・。

その名の通り、シタヒラメ(舌平目)のそのままの見た目の形から、地域でもいろんな名前がついていてとても面白いですね!

シタヒラメ(舌平目)の生息場所

シタヒラメ(舌平目)は海水魚で、生息地域は岩手県以南から東シナ海、南シナ海や台湾にも生息しているようです。

水深20~70mの海域に生息している魚です。
捕食しているのは多毛類や甲殻類や小さい二枚貝などの底生動物のようです。

シタヒラメ(舌平目)の旬時期・季節はいつ

シタヒラメ(舌平目)類は通年水揚げがあるようで味的にも季節変動の少ない魚です。

収穫時期として、イヌノシタは12月~6月までが収穫時期、クロウシノシタも同じように12月~6月が収穫時期となっています。

コウライシタビラメは少し早い11月~5月頃までが収穫時期となるようです。舌平目自体の旬の時期としては5月~9月が一番旬となります。

季節変動の少ない魚ではありますが、産卵時期前の栄養を一番蓄えている時期が一番おいしく、脂がのっている旬の時期になるということで、産卵前にまとまって市場へ出荷されることが多いようです。

シタヒラメ(舌平目)の販売価格・値段の相場は?

シタヒラメ(舌平目)の料理

出典:E・レシピ - エキサイト

シタヒラメ(舌平目)は一般的に高級魚とも言われますが、サイズや種類によっても変わってきます。

アカシタヒラメ(舌平目)は西日本ではよく普段から食べられる魚で、比較的小さなサイズのものであるとスーパーに安く売り出されているようです。

いっぽう、クロウシノシタのほうがやや高値で取引されることが多いようでサイズの大きいものは特に高値で取引され、高級魚として扱われるようになります。

高級な日本料理などにも使用されており、相場としてだいたい100gで400~500円ほどになります。1kgあたりで6,000~7,000円と高値です。7.

シタヒラメ(舌平目)のまとめ

  • ・シタヒラメ(舌平目)にもたくさん種類がある。
  • ・シタヒラメ(舌平目)はヒラメじゃなくてカレイの仲間!
  • ・シタヒラメ(舌平目)はサイズによって価格が変動する。
  • ・シタヒラメ(舌平目)の旬は5月~9月である。

このようなポイントでシタヒラメ(舌平目)のことを少し詳しく説明しました。
脂ののったシタヒラメ(舌平目)、ぜひ旬の5月~9月の間に食べたいですね!

調理法では、ムニエルにするのがお勧めです!

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-ヒラメ・カレイの仲間

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.