ヒラメ・カレイの仲間

アカガレイ(赤鰈)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

投稿日:

アカガレイ(赤鰈)の写真

出典:魚のブログ

  • アカガレイ(赤鰈)の特徴や生態
  • アカガレイ(赤鰈)の旬の時期
  • アカガレイ(赤鰈)の価格と相場

今回の記事はこのようなことがわかる記事になります。

「カレイ」と一言で言っても沢山の種類があるんです。

その中でも「アカガレイ(赤鰈)」は水揚げされた際に体の色がみるみる赤く変色することから「アカガレイ(赤鰈)」名づけられたといわれています。

福井県では別名「越前ガレイ」とも呼ばれ、「ミガレイ」と呼ばれる地方もあるようです。

アカガレイ(赤鰈)の生態と特徴

アカガレイ(赤鰈)の写真

出典:MSC日本事務所ブログ

「アカガレイ(赤鰈)」はカレイ目、カレイ科、アカガレイ(赤鰈)属に属する海水魚です。

海底での生活に適するよう平べったい形態に進化をしていて、海底では砂底に身をひそめながら生活をしています。

「アカガレイ(赤鰈)」は砂底に身をひそめながら近づいてきた甲殻類や多毛類(イソメなど)、小魚など同じように海の底の方で生活をする他の生き物を捕食しています。

冬から春にかけては、産卵のために比較的浅い海へ移動をします。

そして、産卵を済ませると再び海の深い部分へ戻って生活をしています。

オスは体長が20センチから25センチほどで、メスはオスよりも一回り以上大きく体調40センチほどになります。

口はヒラメの様に大きいのが特徴です。

また、体は表(上側)、裏(下側)ともにやや赤みがかっていて、尾っぽの付け根付近はさらに赤みが増し、血がにじんだようになっている個体が多いのも特徴です。

ちなみに目は体の右側に両目があります。

左右対称ではなく非対称で、目がある側を上に置くと「アカガレイ(赤鰈)」の口は右側に位置することになります。

水揚げされると体の赤みはさらに増すといわれます。

名前の由来にもなっていると説明しましたが、この赤みは鮮度を示す指標にもなっています。

新鮮なものほど赤みがあり、鮮度が落ちると白くなるといわれています。

アカガレイ(赤鰈)の生息場所

アカガレイ(赤鰈)は太平洋側では宮城県より北の海、日本海側では福井県よりも北の海、またオホーツク海のそれぞれ沿岸部に生息しています。

水深200メートルから800メートル、砂泥底の海底を好みます。

冬から春にかけては沿岸部の水深の比較的浅い海へ産卵のため移動をし、産卵が済んだ夏から秋は水深の深い海に生息しています。

アカガレイ(赤鰈)の旬の時期・季節はいつ

アカガレイ(赤鰈)の写真

出典:pride-fish.jp

「アカガレイ(赤鰈)」の旬は冬から春にかけての産卵前の時期が旬になります。

2月から3月にかけては産卵期のため卵や真子が充実するために旬とされています。

逆に9月から10月は身に脂がのって身のおいしい時期とされています。

年間を通じて流通はしていますが、4月から8月の間は流通量は少ないのが現実です。

9月から3月の時期は沿岸部に生息域が変わっているため漁もしやすいこともあり、流通量は大きく増えることになります。

おいしいとされる旬の時期と流通量が増える時期が一致しています。

旬の時期の雌の卵、オスの真子も人気があり、特に旬の時期の脂がのったメスは格段においしいとされています。

アカガレイ(赤鰈)の販売価格・値段の相場は?

「アカガレイ(赤鰈)」は魚の中で特に高い魚ではありません。

ある意味庶民の魚といえる相場が基本です。

この「アカガレイ(赤鰈)」の相場は旬の時期で800グラムから1キログラムの1尾の値段は1000円から2000円が概ねの相場になっています。

水揚げ量によって、ある程度の変動はありますが比較的安定した相場で推移しています。

「アカガレイ(赤鰈)」は卵を抱えた雌の方が高値になります。

卵を持たないオスはメスに比べて値段は若干安い傾向にあります。

旬の時期の脂がのった大型の雌は、特に高い値段がつきます。

時期的にも旬の時期程、相場は安定する傾向にあります。

アカガレイ(赤鰈)のまとめ

  • 「アカガレイ(赤鰈)」は北の海でとれる魚です。
  • 「アカガレイ(赤鰈)」の旬は冬から春(9月~3月)の魚です。
  • 「アカガレイ(赤鰈)」は相場の安定した魚です。

「アカガレイ(赤鰈)」は比較的値段も安定して、旬の時期には手に入りやすい魚です。

カレイの煮つけなど煮魚としてのイメージの強い魚ですが、新鮮な「アカガレイ(赤鰈)」をお刺身でいただくのも大変においしい魚です。

ソテーをしたり、揚げたり、塩焼でもおいしいです。

旬の時期にいろいろな食べ方で「アカガレイ(赤鰈)」を味わってはいかがでしょう。

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-ヒラメ・カレイの仲間

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.