モリンガ

モリンガ茶に副作用はある?妊婦は危険!?産後・授乳中は飲んで大丈夫?

更新日:

ビタミンやミネラル、ポリフェノール、アミノ酸を始めとした栄養素が90種類以上も含まれている「スーパーフード」モリンガ。

そんな万能食材の茶葉を使用したモリンガ茶ですが、副作用はないのでしょうか?食生活に配慮が必要な妊婦さんや授乳中のママなどは、モリンガ茶を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

【モリンガ茶の副作用】妊娠中・妊婦さんが飲むと流産の危険性!?

「モリンガ茶、副作用」などで検索をすると妊娠中や妊婦さんの場合はあまり飲まない方が良いといった内容の記事が多くありました。

ある実験では、妊娠中のラットに高濃度のモリンガを経口投与したところ流産があったという報告があります。

厚生労働省は、妊娠中や妊娠の可能性がある女性がモリンガを食べると流産のリスクが高まるとして注意喚起しています。

引用:https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkinou/4e-3.html

普通の摂取量をとっていれば、もちろん安全です。

しかし、あまりにも過剰にモリンガをとると、妊婦さんには良くない可能性があります。

どれだけ食べれば大丈夫なんだろう、と恐る恐るモリンガを食べるとストレスになりますし、万が一を考えて妊娠中や妊娠の可能性がある人はモリンガを控えた方がいいでしょう。

モリンガだけでなく、妊娠中・妊婦の方はハーブなども摂取はしない方が良いと言われています。

出産後は、ビタミン、ミネラルといった不足しがちな栄養を補うためにもモリンガを食べることが推奨されています。モリンガが気になる方は、赤ちゃんが産まれるまで待ちましょう。

モリンガ茶にカフェインは入っている?

モリンガ茶にはカフェインが一切含まれていません。ルイボスティやたんぽぽ茶と同じくノンカフェインです。

モリンガ茶はノンカフェインですが、ルイボスティなどのように妊娠中から摂取することは推奨されていません。栄養豊富なモリンガ茶は、出産後に飲むようにしましょう。

モリンガ茶は授乳中に飲んでも大丈夫?

モリンガ茶はノンカフェインですから授乳中に飲んでも安全です。

母乳はママの血液から作られていていますから、授乳中は通常時+350kcalの栄養が必要です。

忙しい産後にうまく食事がとれなくなるとママの血液中の栄養も減ってしまって母乳の出が悪くなります。

母乳は血液からできていますから、授乳中は貧血になりやすいです。授乳中は鉄分や葉酸をしっかりとらなくてはいけません。それに、母乳には水が不可欠ですから水分補給も大切です。

栄養をバランスよくたくさんとるのは大変です。

「スーパーフード」モリンガには必須アミノ酸を含む90種類の栄養素が豊富に含まれていますので、授乳中のママの栄養補給には最適です。

また、モリンガに含まれる鉄分はプルーンの82倍、葉酸はほうれん草の4倍以上ですから、貧血予防にもなります。

モリンガ茶を飲めば水分補給もばっちりです。

モリンガ茶は赤ちゃん・子どもも飲んでも大丈夫?

発展途上国では子どもの栄養不良を改善する食材として重宝されているモリンガ。

モリンガ茶は栄養豊富でノンカフェインなので、子どもが飲んでも大丈夫です。

好き嫌いが多い子どもの栄養補給にもなるでしょう。

赤ちゃんの場合は、ママがモリンガ茶を飲んで、母乳を通して与えることができます。

ですが、何らかの理由で母乳を与えることができない場合もあるでしょう。そんな時は、100mlのぬるま湯かベビー用ミルクに0.5g程度のモリンガを入れ、しっかり混ぜ合わせて飲ませてあげれば母乳の代わりにもなります。

モリンガの1日の理想的な摂取量は1.5~3gです。

モリンガ茶だとだいたい3杯くらいです。

これは大人の理想的な摂取量なので、子どもはもっと少なくなります。

ビタミンなどのサプリメントも過剰に摂取しすぎると下痢や便秘になったり気分が悪くなったりします。

栄養補給に最適なモリンガですが過剰に摂取するのはよくありません。

あくまで食生活のサポートとしてとるようにしましょう。

もし、持病があって子どもが薬を服用している場合は、モリンガ茶とあわせて飲んでもいいか念のため医師に確認しましょう。

【モリンガ茶の副作用】降圧剤を服用している方は飲まない方がよい!?

最新の研究から、モリンガの根や葉には、血糖値を下げる働きがあることが判明しました。

そのため、血糖降下剤をすでに服用している場合、さらにモリンガを摂取すると血糖値が下がりすぎてしまう危険があります。

血糖降下剤を服用している人が、健康のためにモリンガをとりたいと思うなら、まずは医師に相談しましょう。

飲んでいる薬の中にもしかしたら血糖を下げる成分が混じっているかもしれません。

また、モリンガをとることで、薬の効用が落ちてしまう可能性もあります。持病などで薬を服用している人は、モリンガを食べてもOKか、医療機関で確認しましょう。

血糖を下げる効果があるモリンガは、糖尿病の予防になると言われています。

しかし、すでに糖尿病になってしまっていたら、モリンガをとって治療や改善ができるわけではありません。医師に相談して、適切な対応をとりましょう。

まとめ

  • 妊娠中・妊婦の方はモリンガの摂取を控えた方が良い
  • 授乳中は積極的にモリンガを摂った方が良い
  • 子供もモリンガを摂取しても大丈夫
  • 降圧剤の服用中はモリンガは摂取しない方が良い

「スーパーフード」モリンガですが、意外な副作用もあるようです。

ですが、あくまで過剰に摂取したときに、体に悪影響が出る可能性があるというものです。

どんな食材でも食べ過ぎれば体にはよくありません。

せっかくの栄養豊富なモリンガですから、うまく食生活にとりいれて、健康な毎日を過ごせるようにしましょう。

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-モリンガ

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.