タイやスズキの仲間

クロダイ(チヌ)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

投稿日:

クロダイ(チヌ)の写真

クロダイ(チヌ)はスズキ目タイ科に分類され、
チヌと呼ばれることも多い魚です。

多くの釣り方があり、加えて強烈な引きが楽しめることから、
人気のフィッシング・ターゲットとなっています。

地域によってはあまりスーパーでは見かけないかもしれませんが、
マダイよりも美味しいとの評価もあるほどで全国的に食材としても人気があります。

クロダイ(チヌ)の生態と特徴

クロダイ(チヌ)の群れ

日本全域の沿岸地域に生息し、
海水に真水が混ざった汽水域にも入ってくるので
河口からかなり上流の淡水域で捕獲されることもある魚です。

地域によっては川鯛を呼ばれることもあるのはそのためです。

春から夏にかけて産卵するのですが、
その成長の過程で多くの個体がオス→メスへの性転換を行います。

生後2~3年は清掃が発達したオスで、
4~5歳になると卵巣が発達してメスになります。

また、クロダイ(チヌ)は成長につれて呼び名が変わる出世魚でもあります。

関東では「チンチン→カイズ→クロダイ(チヌ)」と変化し、
関西では「ババタレ→チヌ→オオスケ」と呼ばれます。

クロダイ(チヌ)という名称を知らなくても、
カイズやチヌという呼び名を聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

日本全国に広く生息しているため、
その他にも多くの地方名があります。雑食性で、エビやカニなどの甲殻類から貝類、
蛇虫のような多毛類、海藻、そして果物やコーンまでも食べます。

エサの種類が豊富なことによって、
それぞれのエサに合わせた様々なバリエーションの釣り方が生み出され、
その奥深さの虜になる釣り人が多い魚です。

警戒心が強い魚で、水が澄んでいるときには釣りにくく、
濁りがあると活性が上がって釣りやすくなると言われています。

クロダイ(チヌ)の生息場所

北海道南部から日本列島、朝鮮半島や台湾に至るまでの沿岸部に広く生息しています。

大きなサイズまで成長するタイ科の魚としては珍しく、
浅い海にも生息しています。非常に汚染に強い魚で、
都心部の港湾区域や工業地帯の海にも生息しています。

岩礁地帯にも砂地にも生息しており、冬場は深い場所へ移動し、
夏場は水深1~2mほどの場所まで岸へ近づいてくることもあります。

クロダイ(チヌ)の旬の時期・季節はいつ

クロダイ(チヌ)の旬は諸説ありますが、
産卵期前後つまり春から初夏にかけて身の質が落ちると言われています。

夏場と冬場でエサの種類が変わるというのも理由の一つなのですが、
一般的には11月から3月頃までがもっとも味が良いとされています。

全く逆に、夏場のクロダイ(チヌ)はマダイをも凌ぐ美味しさだという説もあります。

5~10月にはマダイが不味くなる時期と言われていますが、
そのマダイとは反対にクロダイ(チヌ)が美味しくなると言われるのです。

このように旬に関しては全く異なる説が存在していることが不思議なのですが、
定置網漁などで年間を通して水揚げされて流通しています。

クロダイ(チヌ)の販売価格・値段の相場は?

クロダイ(チヌ)の姿づくり

1kgあたり3,000円ほどが一般的な相場です。

マダイと比べると半額以下になります。

クロダイ(チヌ)は雑食性で、沿岸部にも多く生息するので、
マダイに比べて磯の匂いや泥の臭いがするなどと言う人もいます。

価格が安い一番の理由は、クロダイ(チヌ)が料理人に敬遠されていることに他なりません。

その理由は、身が柔らかくなる速度が非常に早く、
その速度はマダイの倍以上と言われているからです。

釣れたてを素早く締めて血抜きをし、
手早くはらわたを処理したものは美味だとされていますが、
それでもやはり身がゆるくなるスピードが速く、料理人泣かせのようです。

そうなると必然的にプロが購入する量が減り、
魚問屋も敬遠するので値が崩れ、マダイより安価になっているのです。

クロダイ(チヌ)のまとめ

日本全国の沿岸部に生息し、
防波堤や磯からのダイナミックな引きを楽しむターゲットして釣り人に絶大な人気を誇る魚です。

近年は、ルアーゲームの対象魚にもなっており
、若い世代にも認知されつつある大衆魚です。

マダイにも劣らないとされるその味は、刺身、塩焼き、煮つけ、
アクアパッツァやムニエルなど様々な料理方法で太古の昔より日本人に愛され続けています。

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-タイやスズキの仲間

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.