タイやスズキの仲間

ヒメダイ(姫鯛)の生態と特徴 | 旬の時期・価格や相場をご紹介!

投稿日:

ヒメダイの写真

出典:ぼうずコンニャク

別名オゴダイ。全体的に赤みを帯びているが背びれは黄色みがかっています。

他のヒレは赤か白の透明がかった色で、全体的に細長く目の色は黄色です。

海水魚で100mよりも深いところにおり、インド洋から太平洋にかけて生息しています。

日本では東京諸島や鹿児島県、沖縄県あたりにおり主に料理店や寿司店で扱われています。
旬は春から初夏にかけて、そして相場はキロあたり2000円前後です。

ヒメダイ(姫鯛)の生態と特徴

ヒメダイの写真

出典:image.space.rakuten.co.jp

全体的に赤く体調は50㎝前後になります。
背びれは黄色みがかるものの他のヒレは透明がかった赤か白になります。

ヒメダイ(姫鯛)はアオダイ、ウメイロと同じフエダイ科でヒメダイ(姫鯛)魚属に分類されています。

全体的に細長く目の色は黄色で頭部は小さい魚で舌の上に歯があることで他のヒメダイ(姫鯛)魚属の魚と区別します。

地方により呼び方がかわり、主にオゴと呼ばれ沖縄ではクルキンマチと呼ばれます。

ハマダイと似ていると良く言われますがハマダイの方が鮮やかな赤なので見比べるとすぐ分かるでしょう。

大きさもハマダイは120㎝にまで成長するのではっきりと違いが分かります。

海水魚で水深100m以上のところに住み、産卵は春から夏にかけて行います。
この時期にとれたものは白子を持っていることがあるそうです。

大陸棚や海山の上に生息することが多く、肉食性で小魚や甲殻類、タコやイカなどの頭足類などの小動物を捕食します。

若魚は浅場にもやってきて磯釣りで作れることがあります。

イサキやアジをねらう五目釣りで釣れたり、沖の中深場釣りのドウヅキ仕掛けで狙えます。

東京では高級魚であまりお目にかけれませんが、沖縄では居酒屋でも口にすることができると言います。

鮮度が良ければ刺身に、あとはカルパッチョは揚げ物、ムニエルや塩焼きでも美味しいです。

ヒメダイ(姫鯛)の生息場所

水深100m以上深いところにおり、特に大陸棚や海山の上にいます。

インド洋から太平洋にかけて生息しており、日本では小笠原諸島や鹿児島県、沖縄県周辺でよくとれます。

さらに東アジアでは台湾、朝鮮半島南岸などに生息しています。

ヒメダイ(姫鯛)の旬の時期・季節はいつ

ヒラスズキのお刺身

出典:PIXTA

旬は春から初夏で、この時期は産卵期と被っており、この時期にとれるものには白子を持っているものもあります。

しかし、旬だからと特別に美味しくなるわけではなく基本的に1年中味は変わらないので地方によって旬が違うとも言われております。

でもやはり旬の時期は脂が乗るので刺身を食べるなら旬の時期を狙うのが一番です。

漁獲量は地方によってたくさんとれる時期が変わり、春頃によくとれるところがあればお盆の時期の場所もあります。

釣りだと3月から12月とかなり幅広く釣れます。

目が澄んでいてエラが鮮やかであり、腹が触ってみてしっかり張りがあるものを選びます。

ヒメダイ(姫鯛)の販売価格・値段の相場は?

東京では卸値がキロあたり1000円から2000円前後となります。
伊豆諸島や小笠原諸島から安定して入って来ます。

あまり一般では流通しない高級魚で食べるならば料理店や寿司店に行くと良いでしょう。

新鮮なものなら刺身や寿司がおすすめで、他にはカルパッチョや醤油煮、塩焼きなどで食べます。

築地市場の卸売り平均価格のデータを見ると2月が高くそれ以後低めで推移し、8月にまた高くなるようです。

築地市場では2000円に行くことは中々ないらしく大体1300円から900円弱を推移していました。
楽天市場ではヒメダイ(姫鯛)のフィーレを10キロ20520円、つまり1キロ辺り2000円余りで売っています。

ヒメダイ(姫鯛)のまとめ

  • ヒメダイ(姫鯛)の旬は春から初夏にかけてで産卵期と重なっておりこの時期は刺身にして食べると美味いがカルパッチョや煮つけ、塩焼きでも美味い。
  • 東京の島群や鹿児島、沖縄でよくとれるがインド洋から太平洋と広く生息しており、100m以上深い大陸棚や海山の上に多くいる。
  • 相場は1000円から2000円前後で主に料理店や寿司店で扱われる高級魚である。

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

3

寒い時期が過ぎて、暖かくなってきたと思ったら、花粉症で悩みはじめる方も多いと思います。 今や日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持つといわれ、大人だけでなく、最近では子供まで増えてきています。 そ ...

-タイやスズキの仲間

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.