目的別オススメ食事宅配

腎臓病の方の食事におすすめ!タンパク質制限宅配弁当おすすめランキング

更新日:

腎臓病を患っている方は、たんぱく質を多くとりすぎると、腎臓からしか排泄されない尿素窒素やクレアチニン等が多増えてしまいまい、気をつけなければなりません。

腎臓へ負担にならぬよう、たんぱく質の含まれている魚や肉だけではなく、ご飯、パン、芋類、果物、野菜などにも注意した食事選びが大切です。

しかし、毎日栄養成分や食品に気を付けて献立を考えるのは大変ですよね。

今回は、そんな腎臓病の方に向けておすすめしたい宅配弁当についてのお話をさせていただきたいと思います。

腎臓病の方の食事に宅配弁当を活用するメリット・デメリット

腎臓病の方の食事に宅配弁当を活用するメリット

腎臓病の方が食事に宅配弁当を利用するメリットは、たくさんあります。

具体的には、自分でたんぱく質の含有量を計算しながら料理をする必要がなくなるだけでなく、自分ではとても作ることのできないような低タンパク質なレシピをいただくことができるからです。

知らないうちに摂取してしまうことの多いたんぱく質ですので、管理栄養士などによって考えられたバランスの良い宅配弁当を活用すれば、腎臓にやさしい食生活を実現することが可能となります。

さらに、まとめて冷凍された状態で自宅まで届けてもらうことができますので、いちいち買い出しに行く手間や時間を短縮することができるだけでなく、電子レンジ加熱調理によって、あっという間に出来上がるところも時短ができるメリットであると言えます。

腎臓病の方の食事に宅配弁当を活用するデメリット

残念ながら、宅配弁当というのは、腎臓病の方だけでなく、すべての利用者にとって、割高感があり、コストパフォマンスが悪くなってしまうことは否めません。

ですから、最大のデメリットはそこに集約されていると言えます。
また、宅配弁当は、だいたいが冷凍された状態で届けられることになりますので、どうしても食材の品質や鮮度が失われてしまいますので、味わいや風味が若干フレッシュなものと比較したとき、劣ってしまうことになってしまいます。

腎臓病の方の食事に宅配弁当を選ぶ時のポイント

たんぱく質だけでなくすべての栄養価が表示されていること

腎臓病の方にとって、たんぱく質の含有量はもちろんのこと、なるべくなら、塩分やカロリーといったものにも注意を払う必要があります。
ですので、一食あたりの栄養成分表示がされている宅配弁当を選ぶことがポイントとなります。

その日一日に取りすぎてしまったと思う栄養素があれば、翌日から調整して、控えるようにするなど、工夫をすることができますので、安心してお召し上がりいただくことができます。

腎臓病食に特化したメニューがあること

宅配弁当のなかには、腎臓病の方に向けた専用のお弁当を用意してくれていることがあります。
そういったお弁当を利用することによって、より安心安全にお食事をいただくことができますし、わざわざたんぱく質量を気にしながらメニューをチョイスしなくとも、腎臓病食のカテゴリーの中からお好きなお弁当やおかずを選ぶことができるのも、うれしいポイントです。
なお、腎臓病食と記載がなくとも、たんぱく質制限コースなどを選ぶと間違いありません。

腎臓病の方の食事におすすめ!宅配弁当おすすめランキング

ウェルネスダイニング たんぱく制限コース


ウェルネスダイニングによるたんぱく制限コースは、たんぱく質を制限するだけでなく、野菜などから摂取してしまいがちなカリウムの量まで計算されている腎臓病に対してトータルケアが可能な宅配弁当です。
国産食材を極力使用しているだけでなく、プロの料理人と、病院給食に長い経験を持つ管理栄養士のもと、一品一品細かく計算・計量しながら手作りされているところに定評があります。

食宅便 たんぱくケアシリーズ


食宅便 たんぱくケアシリーズは、1食あたりのたんぱく質の量が13g、塩分は2.0g、カリウム500mg、リン270mg以下にそれぞれ抑えられた7食1セットのメニューとなっています。
一週間飽きの来ない日替わりのお弁当を楽しむことができるので、人気を博しています。

ニチレイフーズダイレクト タンパク質コース


ニチレイフーズダイレクト では、たんぱく質を控えたい方向けの「組み合わせメニュー」が季節と食材に応じて、コース展開されています。

すべてのお弁当に、アレルギー物質の表示もありますので、より健康増進することが期待できます。

中でも、気配り御膳に注目が集まっており、公式サイト内でもたんぱく質が低い順におかずのランキングが載っていますので、参考にすることができます。

腎臓病の食事について

とにかく、たんぱく質のとり過ぎに注意!

たんぱく質とは、腎臓で分解されることになる栄養素であるため、多く取りすぎてしまうと、それだけ腎臓に負担をかけることとなってしまい、腎臓病を患っている人からすれば、致命傷にもなりかねない事態を引き起こす可能性があります。

だからこそ、腎臓をいたわる意味でも、極力たんぱく質を控えた食生活をしていく必要があります。

とはいえ、一切口にしてはいけないということではなく、一日に決められた分量までなら美味しくいただくことができますので、あまり四角四面に考えなくても大丈夫です。

腎臓病には減塩することも大切です

腎臓病患者さんの一日の塩分量は5?8gが適量であると言われています。
というのも、やはり腎臓が弱っているところに塩分を過剰摂取してしまうと、身体にむくみが生じてしまうからです。

とはいえ、極端に塩分を減らした食事をつづけると、低ナトリウム血症を起こす場合もありますので、適量の塩分でおいしく食べるようにする必要があります。
カリウムやリンも、検査数値が高値でなかったり、お医者さんから止められない限りは、制限しなくても大丈夫です。
煮物や汁物などは、天然のだしを使ったり、しいたけなどの煮汁を使うことで、減塩を実現できます。
汁物もなるべく飲まずに残すことを心がけましょう。

野菜に関しては、茹でこぼしをするとカリウムを低くすることができます。
生野菜であれば流水にさらす工夫もポイントです。

腎臓病の食事療法にまつわるお話

そもそも食事療法の目的って?

腎臓病の進行を遅らせたり、体調を良好に保つためには、やはり何を差し置いても食事療法が肝心となってきます。
透析をする前の保存期の方でしたら、食事療法によって腎不全へ進行する時間を遅らせることができます。
また、透析導入後であっても、体調を維持しながら、安定して透析を続けていくことができるので、やはり食事が最も重要となってきます。

腎臓の機能を低下させない役割

腎臓の機能が低下していくと、身体にとっての毒素となる成分を身体の外に排泄しにくくなるだけでなく、体全体に悪影響を及ぼすことになってしまいます。

たとえば、たんぱく質の摂取が過剰となってしまいますと、腎臓でしか排泄することのできない尿素や窒素、クレアチニンといった毒素が身体の中に蓄積されていってしまいますので、その分だけ身体に大きな負担となってしまいます。

また、ナトリウムの排泄機能が弱くなってしまうことで、だるさやむくみ、高血圧の原因にもなりかねません。

まとめ

いかがでしたか?
腎臓病の方にとって、その食事は、本当に制限が多くて、食事を楽しむこと自体を諦めなければならないような絶望的な気持ちになってしまいがちだと思います。

とはいえ、今では、腎臓病の方であっても、おいしく、制限を気にすることなく召し上がっていただくことのできる宅配弁当のサービスがたくさんあります。

そういったお弁当を利用することによって、日々の辛さやストレスを解消することができますし、もう二度と食べることができないと思っていたようなメニューについても、安心していただくことができるので、ぜひ迷っている方は、お試ししてみることをおすすめいたします!
以上、今回は、腎臓病の方に向けておすすめしたい宅配弁当と腎臓病の食事で気をつけなければならないこと・注意したいポイントについてのお話をさせていただきました。

おすすめの記事

1

今や糖尿病に関係なくとも、糖質制限でダイエットを試みるといったトレンドがブームとなっていますが、実際に重い糖尿病で、糖質制限を余儀なくされている人も少なくありません。 今回は、そんな糖尿病の方の食事に ...

2

今や、街のお弁当屋んだけでなく、スーパー、コンビニから冷凍食品会社、栄養士監修のものに至るまで、食事宅配サービスや食事宅配サービスの種類はたくさんあって、目移りしてしまいますよね? とはいえ、減塩中だ ...

-目的別オススメ食事宅配
-, , ,

Copyright© 食note , 2020 All Rights Reserved.